トップ画面へ
   ホーム  >  住み替える [ 住まいの種類 ]

住み替える

  住まいの種類  契約時の留意点  関連制度や留意点

(1)サービス付高齢者向け住宅

概要

・高齢者にふさわしいハード(バリアフリー構造、一定の面積・設備)と安心できる見守りサー 

 ビス(ケアの専門家による安否確認と生活相談サービス)を備えた住まい

利用対象者

(入居要件)

・高齢者(60歳以上の方又は要介護等認定を受けている方)単身世帯

・高齢者+同居者(配偶者、60歳以上の親族、要介護等認定を受けている親族の方)

運営主体

・民間法人等

サービス内容

・安否確認・生活相談サービスが必須

・食事の提供などのオプションサービスを実施している場合もあります

職員配置

・ケアの専門家により安否確認・生活相談サービスを提供

介護保険

・居宅サービス利用可(特定施設入居者生活介護が利用可能な住宅あり)

備考 

・平成23年10月から登録制度が開始

矢印「サービス付高齢者向け住宅」の一覧を見る

矢印「サービス付高齢者向け住宅(特定施設)」の一覧を見る

(2)高齢者向け優良賃貸住宅(旧高齢者住まい法)

概要

・旧高齢者住まい法に基づき知事等が計画を認定した賃貸住宅

・段差のない構造や手すりの設置など高齢者が生活しやすい設計となっており、全戸に24

  時間の緊急通報設備が設置されている。

利用対象者

(入居要件)

・60歳以上の単身・夫婦世帯の方等

運営主体

・民間法人等

サービス内容

・緊急時対応サービス

職員配置

介護保険

・居宅サービス利用可

備考 

矢印「高齢者向け優良賃貸住宅(旧高齢者住まい法)の一覧を見る」

 

(3)あんしん賃貸住宅(高齢者住宅分)

概要

・高齢者であることを理由に入居を拒否しない住宅として、県に登録している賃貸住宅

利用対象者

(入居要件)

運営主体

・民間法人、個人等

サービス内容

職員配置

介護保険

・居宅サービス利用可

備考 

 

(4)シルバーハウジング

概要

・バリアフリー化された住宅とライフサポートアドバイザー(生活援助員)による相談・安否確 

  認、緊急時対応などのサービスの提供をあわせて行う公営住宅

利用対象者

(入居要件)

・高齢者(60歳以上)単身世帯

・高齢者夫婦世帯 等

 (公営住宅の入居資格を満たすことが必要です。)

運営主体

・地方公共団体(県内では熊本県、熊本市、玉名市)

サービス内容

・安否確認、生活相談サービス、緊急時対応など

職員配置

・生活援助員(ライフサポートアドバイザー)を配置

介護保険

・居宅サービス利用可

備考 


(5)有料老人ホーム

概 要

・高齢者に対し、入浴・排せつ・食事の介護、食事の提供、その他日常生活上必要なサービ

  スを提供する施設

利用対象者

(入居要件)

・おおむね60歳以上の高齢者

 運営主体

 ・民間法人等

 サービス内容

 ・食事、相談・助言等、健康管理、治療への協力、介護、機能訓練、レクリエーション 等

 職員配置

 ・施設長、生活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員、栄養士 等

 介護保険

・居宅サービス利用可(特定施設入居者生活介護の利用可能な施設あり)

 備 考

・類型

 「介護付き」

 介護が必要となった場合、当該有料老人ホームが提供する介護サービス(特定施設入居者生活介護)を利用しながら、当該有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能

 「住宅型」

 介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、外部の訪問介護等の介護サービスを利用しながら、当該有料老人ホームの居室での生活を継続することが可能

 概 要

・寝たきりや認知症などで常に介護を必要とし、居宅での生活が困難な方に対して、入浴・

  排せつ・食事等の介護等の日常生活の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を行う施

  設

 利用対象者

(入居要件)

・原則65歳以上の要介護者(原則として要介護3以上)

運営主体 

・社会福祉法人、市町村

サービス内容

・入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養

 上の世話

 職員配置

・施設長、生活相談員、介護職員、看護職員、介護支援専門員、機能訓練指導員、医師、

 栄養士等

 介護保険

・施設サービス(介護老人福祉施設) 

・地域密着型サービス(地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護)

 備 考

 -

矢印「特別養護老人ホーム」の一覧を見る

 

(7)介護老人保健施設

 概 要

・入院治療する必要がなく、症状が安定している方が、リハビリテーションを中心として、看

  護、医学的管理のもとでの介護、機能訓練、必要な医療及び日常生活上の世話を受けなが

  ら、自宅での生活の復帰を目指す施設

 利用対象者

(入居要件)

・原則65歳以上の要介護者(要介護1以上)

運営主体 

・医療法人、社会福祉法人等

サービス内容

・看護、医学的管理のもとでの介護及び機能訓練、その他必要な医療ならびに日常生活上の世話

 職員配置

・医師、看護職員、介護職員、支援相談員、栄養士、理学療法士又は作業療法士、

  介護支援専門員 等

 介護保険

 ・施設サービス(介護老人保健施設)

 備 考

 -

矢印「介護老人保健施設」の一覧を見る

 

(8)認知症対応型グループホーム

 概 要

・認知症の高齢者が小規模な生活の場(1単位5人~9人の共同居住形態)に居住し、食事

  の支度、掃除、洗濯等をグループホームの職員と共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気

  の中で生活を送ることを目的とするもの

 利用対象者

(入居要件)

・原則65歳以上の要支援者(要支援2のみ)又は要介護者(要介護1以上の方)

運営主体 

・民間法人、NPO法人等

サービス内容

・入浴、排せつ看護、医学的管理のもとでの介護及び機能訓練、その他必要な医療ならびに日常生活上の世話

 職員配置

・管理者、計画作成担当者(介護支援専門員等)、介護職員

 介護保険

 ・地域密着型サービス(認知症対応型共同生活介護)

 備 考

 -

矢印「認知症対応型グループホーム」の一覧を見る

 

(9)軽費老人ホーム(ケアハウス)

 概 要

・自炊ができない程度に身体機能が低下している方や高齢等のため独立して生活することに

  不安がある方で、家族による援助を受けることが困難な方に、日常生活に必要なサービス

  (生活相談、食事、入浴、緊急時の対応)を提供する施設

 利用対象者

(入居要件)

・60歳以上の方

運営主体 

・社会福祉法人、市町村等

サービス内容

・日常の基本的なサービス(生活相談、食事サービス、入浴サービス、緊急時対応)

 職員配置

・施設長、生活相談員、介護職員、栄養士等

 介護保険

 ・居宅サービス利用可(特定施設入居者生活介護の利用可能な施設あり)

 備 考

 -

矢印「軽費老人ホーム(ケアハウス)」の一覧を見る

矢印「軽費老人ホーム(ケアハウス)(特定施設)」の一覧を見る

 

(10)経過的軽費老人ホーム(A型・B型)

 概 要

・家庭環境、住宅事情等の理由により自宅において生活することが困難な低所得者の方で、

  身寄りのない方、家庭の事情により家族との同居が困難な方に、日常生活に必要なサービ

  スを提供する施設。

・食事の提供があるA型と、原則自炊のB型がある

 利用対象者

(入居要件)

・60歳以上の方

運営主体 

・社会福祉法人

サービス内容

・【A型】給食その他、日常生活に必要なサービス

・【B型】食事は原則自炊。相談、助言、一次的な日常生活の世話

 職員配置

・【A型】施設長、生活相談員、介護職員、看護職員、栄養士等

 介護保険

 ・居宅サービス利用可

 備 考

 -

矢印「経過的軽費老人ホーム(A型・B型)」の一覧を見る

 

(11)養護老人ホーム

 概 要

・環境上の理由及び経済的な理由により自宅での生活が困難な方が、市町村長の措置によ

  り入所する施設

・日常生活に必要なサービスとともに、社会復帰の促進や自立した日常生活をおくることがで

  きるよう必要な指導及び機能訓練等が提供される

 利用対象者

(入居要件)

・原則65歳以上の方

運営主体 

・市町村、社会福祉法人

サービス内容

・食事、入浴、相談、緊急対応

 職員配置

・施設長、生活相談員、支援員、看護職員、栄養士等

 介護保険

 ・居宅サービス利用可(特定施設入居者生活介護の利用可能な施設あり)

 備 考

 -

矢印「養護老人ホーム」の一覧を見る
矢印「養護老人ホーム(特定施設入居者生活介護指定有り)」の一覧を見る

 

(12)生活支援ハウス

 概 要

・一人暮らしの方、夫婦のみの世帯の方及び家族による援助を受けることが困難な方で、独

  立して生活することに不安のある方に、介護支援機能、住居機能及び交流機能を総合的に

  提供する施設

 利用対象者

(入居要件)

・原則60歳以上の方

運営主体 

・市町村(市町村が委託する社会福祉法人等)

サービス内容

・相談、緊急対応等

 職員配置

・生活援助員、宿直等

 介護保険

 ・居宅サービス利用可

 備 考

 -

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム