トップ画面へ
   ホーム  >  住み続けるための支援制度や注意点  >  介護保険による住宅改修

住み続けるための支援制度や注意点

介護保険による住宅改修

最終更新日 [2012年5月7日]  

○対象者
  在宅で生活する要介護者及び要支援者で、手すりの取り付け等、一定の住宅改修が必要と認められる人
 
○内容
  実際の改修費(限度額20万円)の9割が支給されます。
 
○対象となる改修
 ① 手すりの取付け
 ② 段差の解消
 ③ 滑りの防止・移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
 ④ 引き戸等への扉の変更
 ⑤ 様式便器等への便器の取替え
 ⑥ ①~⑤の住宅改修に付帯して必要な住宅改修
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム